無線LANの電波が届く範囲は狭い

有線はケーブルがつながっている以上、またそのケーブルに異常がなくパソコン側にも異常がないということならインターネット通信ができます。外出先で利用するスマホ等の携帯電話会社通信網も基地局が全国にあるため、通常とぎれることなく利用できます。
しかし無線LAN通信の場合、接続できる距離に限界があり、遠くなると接続できなくなります。

無線LANルーターに関しては、まったく障害物がなくまっすぐ飛ぶ状態である、つまり直線距離では100m近く通信ができるといいます。ということは自宅で利用する分にはまったく問題がないはずです。
しかし、室内で無線LANを利用していると、接続しにくい部屋や接続できない部屋が出てきます。これはどうしてなのか、というと、無線の電波の特性にあります。

紙、木材などなら突き抜けることがある程度可能、でも鉄筋などになると突き抜ける事が出来ません。
また突き抜けることができても、障害物にぶつかることで極端に速度が落ちる、到達距離が落ちるといわれているので、無線LANを利用する環境によって無線LANの接続が不安定になったり、接続できない状況に陥ることもあるのです。

無線LANの電波が届く距離は直線なら長く接続できる、しかし通常直線距離で利用できる環境が少ないので、それを考えるとそれほど長くないと考えられます。

セキュリティはどうしても劣る

自宅で無線LANの設定を行うとき、セキュリティキーをデフォルトのまま利用せず、変更するなどすれば、それほどセキュリティに関しての脆弱性を気にされる必要はないと思いますが、無線LANは皆さんご承知の通り、有線ではなく、電波信号によって通信を行うものなので、無線LANの最大のメリットが最大のデメリットとなるのです。

通常、自宅で利用する無線LANルーターなどで行う通信には、暗号化という処理がされていて、通信内容を誰過多読み取ることができないようにされています。セキュリティキーをデフォルトで利用しない、まず変更するという操作を行えばそれほど心配する必要はないでしょう。

ただし、セキュリティキーの入力が必要ないという場合、利用は避けた方がいいかもしれません。
最近はフリーWi-Fiスポット、公衆無線LANなどでセキュリティキーの入力なく無線LANを利用できるところが多くなっています。
セキュリティキーが必要ない無線LAN通信は、不特定多数の方が利用されますので、個人情報を抜き取ろうと考えている人にとっては容易に抜き取ることができます。そのため、フリーWi-Fiスポットなどでも、セキュリティキーの入力が必須というところを利用する方が、個人情報に関しても安全といえます。

無線LANの最大のデメリット

無線LANの最大のデメリットというと、やはり、不安定、接続の問題です。自宅で無線LANを利用している人の中に、どこか不安定になる部屋があるという人はいないでしょうか。
例えば無線LANルーターをリビングに設置してあって、2階の自室でタブレットを操作しようとすると、接続できなかったり接続出来たり、非常に不安定になってしまうという経験がないでしょうか。これこそ無線LANのデメリットです。

実は無線LANは直線には強いのですが、障害物があったり、ガラスなどがあると電波がその先に進めず、接続が不安定になってしまうことが多いのです。
建物の構造が鉄筋という場合も、接続が不安定だったりしますし、電気機器の影響を受けやすい無線LANルーターもあります。

全く問題なく接続できているし、障害物もないと思っていたら、水槽が障害物となっていたという話も聞きます。電波干渉なども受ける事が多いので、自宅の環境などによっては無線LANが使いにくいという現象が起こります。
この接続が不安定というのは、無線LAN最大のデメリットといわれています。

例えばルーターの位置を変更してみるとか、高い位置においてみるということで解消することもありますので、試してみるといいでしょう。

無線LAN関連情報〈建物内でもつながる無線LANを調査しているモバイルWi-Fi最安リサーチ

無線LANにもデメリットがある

インターネットの生活を非常に豊かにした無線LANは、今、家庭、オフィス、外出先でもストレスなく利用できるようになってきています。
自宅では無線LANルーターをアクセスポイントにしてプリンターなどからダイレクト印刷するなど、非常に便利に利用できるようになりましたし、バスルームでもキッチンでもトイレでも、無線LANの電波が届く範囲ならどこでもインターネットが利用できます。

学校などでも無線LANを取り入れた授業などが行われています。
これまで、学校のように複数台のパソコンが必要な場合、ネットワークの構築も面倒でしたし、もし故障した場合、どのケーブルが悪いのか?一つ一つあたっていくしかありませんでした。しかし台数が多いほど面倒で、とても大変な作業だったのです。

現在は、無線LANを利用して電子黒板を操作したり、子供たちはタブレットによる授業などを行っています。子供たちの解答に関してはタブレットに直接先生から指導することもでき、子供のやる気を引き出す授業ができるようになったともいわれています。
このように無線LANは、私たちの生活を大きく変え、便利にしてくれたのです。

これだけメリットの多い無線LANですが、まったくデメリットがないというわけではなく、やはりデメリットも存在します。無線LANを利用するに当たり、私たちはメリットとデメリット両方を理解し、導入の検討をしなければなりません。
当サイトは無線LANのデメリットを紹介します。いいことも悪いことも両方理解し、納得の上無線LANを利用していただきたいです。