無線LANの電波が届く範囲は狭い

有線はケーブルがつながっている以上、またそのケーブルに異常がなくパソコン側にも異常がないということならインターネット通信ができます。外出先で利用するスマホ等の携帯電話会社通信網も基地局が全国にあるため、通常とぎれることなく利用できます。
しかし無線LAN通信の場合、接続できる距離に限界があり、遠くなると接続できなくなります。

無線LANルーターに関しては、まったく障害物がなくまっすぐ飛ぶ状態である、つまり直線距離では100m近く通信ができるといいます。ということは自宅で利用する分にはまったく問題がないはずです。
しかし、室内で無線LANを利用していると、接続しにくい部屋や接続できない部屋が出てきます。これはどうしてなのか、というと、無線の電波の特性にあります。

紙、木材などなら突き抜けることがある程度可能、でも鉄筋などになると突き抜ける事が出来ません。
また突き抜けることができても、障害物にぶつかることで極端に速度が落ちる、到達距離が落ちるといわれているので、無線LANを利用する環境によって無線LANの接続が不安定になったり、接続できない状況に陥ることもあるのです。

無線LANの電波が届く距離は直線なら長く接続できる、しかし通常直線距離で利用できる環境が少ないので、それを考えるとそれほど長くないと考えられます。