セキュリティはどうしても劣る

自宅で無線LANの設定を行うとき、セキュリティキーをデフォルトのまま利用せず、変更するなどすれば、それほどセキュリティに関しての脆弱性を気にされる必要はないと思いますが、無線LANは皆さんご承知の通り、有線ではなく、電波信号によって通信を行うものなので、無線LANの最大のメリットが最大のデメリットとなるのです。

通常、自宅で利用する無線LANルーターなどで行う通信には、暗号化という処理がされていて、通信内容を誰過多読み取ることができないようにされています。セキュリティキーをデフォルトで利用しない、まず変更するという操作を行えばそれほど心配する必要はないでしょう。

ただし、セキュリティキーの入力が必要ないという場合、利用は避けた方がいいかもしれません。
最近はフリーWi-Fiスポット、公衆無線LANなどでセキュリティキーの入力なく無線LANを利用できるところが多くなっています。
セキュリティキーが必要ない無線LAN通信は、不特定多数の方が利用されますので、個人情報を抜き取ろうと考えている人にとっては容易に抜き取ることができます。そのため、フリーWi-Fiスポットなどでも、セキュリティキーの入力が必須というところを利用する方が、個人情報に関しても安全といえます。