無線LANの最大のデメリット

無線LANの最大のデメリットというと、やはり、不安定、接続の問題です。自宅で無線LANを利用している人の中に、どこか不安定になる部屋があるという人はいないでしょうか。
例えば無線LANルーターをリビングに設置してあって、2階の自室でタブレットを操作しようとすると、接続できなかったり接続出来たり、非常に不安定になってしまうという経験がないでしょうか。これこそ無線LANのデメリットです。

実は無線LANは直線には強いのですが、障害物があったり、ガラスなどがあると電波がその先に進めず、接続が不安定になってしまうことが多いのです。
建物の構造が鉄筋という場合も、接続が不安定だったりしますし、電気機器の影響を受けやすい無線LANルーターもあります。

全く問題なく接続できているし、障害物もないと思っていたら、水槽が障害物となっていたという話も聞きます。電波干渉なども受ける事が多いので、自宅の環境などによっては無線LANが使いにくいという現象が起こります。
この接続が不安定というのは、無線LAN最大のデメリットといわれています。

例えばルーターの位置を変更してみるとか、高い位置においてみるということで解消することもありますので、試してみるといいでしょう。

無線LAN関連情報〈建物内でもつながる無線LANを調査しているモバイルWi-Fi最安リサーチ