無線LANにもデメリットがある

インターネットの生活を非常に豊かにした無線LANは、今、家庭、オフィス、外出先でもストレスなく利用できるようになってきています。
自宅では無線LANルーターをアクセスポイントにしてプリンターなどからダイレクト印刷するなど、非常に便利に利用できるようになりましたし、バスルームでもキッチンでもトイレでも、無線LANの電波が届く範囲ならどこでもインターネットが利用できます。

学校などでも無線LANを取り入れた授業などが行われています。
これまで、学校のように複数台のパソコンが必要な場合、ネットワークの構築も面倒でしたし、もし故障した場合、どのケーブルが悪いのか?一つ一つあたっていくしかありませんでした。しかし台数が多いほど面倒で、とても大変な作業だったのです。

現在は、無線LANを利用して電子黒板を操作したり、子供たちはタブレットによる授業などを行っています。子供たちの解答に関してはタブレットに直接先生から指導することもでき、子供のやる気を引き出す授業ができるようになったともいわれています。
このように無線LANは、私たちの生活を大きく変え、便利にしてくれたのです。

これだけメリットの多い無線LANですが、まったくデメリットがないというわけではなく、やはりデメリットも存在します。無線LANを利用するに当たり、私たちはメリットとデメリット両方を理解し、導入の検討をしなければなりません。
当サイトは無線LANのデメリットを紹介します。いいことも悪いことも両方理解し、納得の上無線LANを利用していただきたいです。